ピアノが好きすぎるブログ

毎週土曜日に更新しています。

パートナーにピアノを教えようとした話。

初心者ってすごいですよね。

 

ブログを書いている中の人、拓也さんは、意外にも結婚しています。国際結婚で、タイ人のパートナーがいるのですが、考えてみると、10年以上、私のピアノを聞かされてきた人なのです。

 

ちなみに、音楽経験はゼロ。歌を歌わせても、うーん、、ちょっと才能は感じないなぁ、というタイプです。ちなみに娘がいて、ピアノを習いに行かせましたが、続きませんでした。どうにも、音楽的な才能がない一族なのです。(少なくとも母がたは)

 

しかし、最近、奥さんが

「手の甲にしわが出来るのが気になる。特に乾燥している季節はひどい」

と言い出しまして、ふと

「じゃあ、ピアノを弾いてみたら?手に血が集まって血行が良くなるから、手の甲のしわも改善するのではないかな?」などと答えてしまいました。

 

結局、1日に10分だけレッスンしよう、という話になりました。

奥さんは私に、

「ドはどこ?」と聞きました。

普通は

(ああ、そこからかよ)

と思うのでしょうが、私は、彼女が「ド」というものの存在を知っていたことにまず驚きました。

ドの位置を教えると、親指から小指まで5本の指を使って、ドレミファソ、と弾いてみよう、という課題を出しました。

 

怪訝な顔をした奥さん。

「親指で弾くの?」と言いました。

「うん、、、5本とも全部使うんだよ」

弾き始めると、、、

すると、すごかったです。弾いていない指が跳ね上がるのです!

たとえば中指でミを弾くと、人差し指が上にピンッと跳ね上がるのです。

その不自然な動きを見ていると、最近見たエクソシズムという映画をなぜか思い出しました。

 

↓ピアノ弾いてるようにも見えませんか?

エクソシズム(字幕版)
 

 ちなみにこの映画は、なかなか怖くてよいです。それに、アメカジっていうんですか?西洋の若者のファッションってやはりいいですよね?オシャレなティーネイジャーと悪魔憑き!ってすごいいいですね!

 

で、彼女は始めてから1分くらいで、指がつるらしくて、「ピアノは聞いているだけでいい」と言い出しました。予想通りです。そして、

(これが普通の人がピアノに対してもつ感覚なのだなあ)とつくづく思うのでした。

 

世の中に何十億という人がいるのでしょうが、その中でピアノがうまくなりたい、と思うような人間は、ハッキリ言って「ヘンタイ」です。

 

↓ ☆彡記事を書いている人はこんな人です。彡☆

「拓也さん」とは誰か? - ピアノが好きすぎるブログ

↓ ☆彡読者登録もよろしくね。彡☆

 

 

スポンサードリンク