ピアノが好きすぎるブログ

毎週土曜日に更新しています。

メロディをお手軽に盛れる6度重音の練習方法について。

去年(2017年)の12月から練習してるAKB48さんの

ヘビーローテーション」。

 

練習をあまりにチンタラやっていたために弾けるようになってません。
これからも引き続き練習します。

わたくしが使っているアレンジ譜。残り2冊!

 

 

さて、この曲集の「ヘビーローテーション」。

こういうところです。(カタカナのドレミ付き)

f:id:pianosukisugiru:20180112221041j:plain

「ドンドンちかづくそのきょりにー♪」

けっこう盛り上がる部分ですね!

たとえば最初の音「ド#」だったら

ド#から数えて、ド#、シ、ラ、ソ#、ファ#、ミで「6度!」

 

たしかにメロディの音に対して「6度下」に音が入ってますね?


メロディだけだとちょっとショボい(´・ω・`)のですけど、
6度下に音が入るとプロっぽい?リッチな響きになる、、、

要は、盛れるわけです。
写真を盛ろうと思ったらSNOW。

f:id:pianosukisugiru:20180112221520j:plain


メロディを盛ろうと思ったら6度重音。

(無理気味だったか…)

 

それはいいのですけど、

これが弾いてみると超ムズかしくて!
つかえてしまうのです!!

6度重音!おススメはこのトレーニング


それで、6度下の音を弾くトレーニングをしましたので、シェアしたいと思います。

使ったのは「ハノン」!!
49番の6度のアルペジオを使いました。

こーいうのです。

f:id:pianosukisugiru:20180112222527j:plain

 

ミドソミ ファㇾラファ ソミシソ 

ミドが6度 ソミが6度、

ファㇾが6度、ラファが6度、

ソミが6度、シソが6度、

ひえー!

で、しばらくすると今度は下降!

ミソドミ、レファシレ、ドミラド、、、

 

どうですか? がんばって弾いてみます?


やってみて一つだけコツらしきものに気づきました。

6度ってけっこう距離がありますので、
音を外さないためのコツ?

ハ長調

「ド」の6度下は「ミ」。
でも、合ってるかな?
距離が離れすぎてて自信なし。

「ド」の3度上は「ミ」なのは、さすがに

(距離が近いので)すぐわかりますね?
「ミ」を1オクターブ下にもってくれば「6度下」なんです!

では問題__。

「レ」の6度下は?

 


【答え】「レ」の3度上は「ファ」だから「(オクターブ下の)ファ」

いかがでしょうか?


逆もまたしかり。

「ド」の6度上は?あれれ?な時。

「ド」の3度下は「ラ」
「ラ」を1オクターブ上にもってくれば「6度上」!

覚えといて損はないと思います!

 

という感じで
ハノン49番を弾いたので、ちょっと自信がついてきました。

 

慣れてきたら「ヘビロテ」と同じ「E」に転調して練習したいところです。

(黒鍵入ると難易度が一気にUPです。マックスハイテンション~♪ です)

 

当記事でご紹介した「ハノン」ですが、気合が入ってる方はどうぞ。

日本でいちばん売れてるっぽい「ハノン」はこれですね↓


(まぁ、、、わたくしは遠慮されていただきますけどね…)

 

↓ ☆彡記事を書いている人はこんな人です。彡☆

「拓也さん」とは誰か? - ピアノが好きすぎるブログ

↓ ☆彡読者登録もよろしくね。彡☆


次の更新は1月20日(土)です。

スポンサードリンク