ピアノが好きすぎるブログ

毎週土曜日に更新しています。

トーク動画はサクッとiPadで撮るのがよいのでは?【動画】

拓也さん@天音理心流©です。

 

今日は動画作成。

Youtubeでよく見かける「カメラに向かってひたすら語る」というスタイル。

これを「トーク動画」と呼ぶことにいたしますけど、

この「トーク動画」について思うところを書いてみました。

f:id:pianosukisugiru:20220418112952p:plain

トーク動画の特徴、利用のしかた

「トーク動画」のメリット。

自分に向かって語りかけてくれている気がするので、ついつい聞いてしまうこと。

かなあ。

人気のYOUTUBEチャンネルを見ても、この「トーク動画」スタイルは多いと感じます。とにかくカメラの前でしゃべればいいですので、撮影編集が簡単なのもメリットです。

ゲーム実況、演奏動画などは、ゲームの画面だの楽器だのを映すので、ちょっと必要なノウハウが変わってくるのですよね。

 

複雑な内容を話そうとすると、図や文字のサポートが必要になってきます。

すると、ホワイトボードに何か書いて話す、とか、

あとで動画編集ソフトでキャプションを文字入れする、とか、

ひと手間かかります。

特にホワイトボードは

ホワイトボードを壁にかけるには?

ホワイトボードに光が反射するので見にくいので照明は?

とか、いろいろノウハウが必要になってきます。

 しかし、ホワイトボードという小道具は、いかにも「何か教えています」的な絵柄になるので、コンサルとか講師とかのお仕事の人にはピッタリでしょう。

ただ、脚付きの本格的なホワイトボードは、部屋に置くとスペース的に厳しいですよね?

せめて壁に取り付けるやつがいいのかな。

 

 「初心者向け ピアノ講座~!」的なもの、

意外と見たい人も多いんじゃないかなあ。

 

ちゃちゃっとトーク動画を撮るのはシンプルにiPadが便利か

ノートPCとiPad、両方持ってるのですけど、

をおすすめします。

カメラの画質も、付属品のイヤホンマイクも、高品質なんですよね。

 

ノートPCのWEBカメラ、内蔵マイクともに、品質がイマイチだからです。少なくとも、わたくしが所有しているF〇JITSUさんのノートPCのWEBカメラと内蔵マイクでは、ちゃんとしたトーク動画が撮れませんでした。

 

もちろん、PC用に外付けWEBカメラやマイクに投資すればOKですけど。

 

しかし、シンプルにトーク動画を撮るだけだったら、iPad推しです。

編集するのにアプリもよいものがありますし。

 

たとえば、ちょっと環境にこだわってお洒落なカフェ、ホテルのラウンジなどでトーク動画を撮りたいと思ったとしましょう。ノートPCやら外付けマイクをセットするのは

(この人何やってるんだろう?)と思われちゃうのがキツいです。

 

その点でも、iPadくらいだと大丈夫です。

 

iPadで使うべき周辺機器2つ

できれば下のようなマイクを使うとさらによいかもしれません。

(ライトニング端子への変換ケーブルが必要です)

トーク動画は声が命です。

はっきり言って、画質が重要なのは美人ユーチューバーだけ。顔なんてどうでもいい。しかし、音声が残念だとまず、動画を見てもらえません。

 

 

次。これは外せないという機材があります。

わかります?

 

 三脚とiPadの固定ホルダーですね!

 

 

次の更新は、3月3日(土)の予定です。

スポンサードリンク