ピアノが好きすぎるブログ

毎週土曜日に更新しています。

ミュゼスコアMuseScoreで、書いた楽譜を公開してみました。

 

こんにちは。

DTMが全盛の現代において、譜面作成というのは廃れてゆく技術なのかもしれませんね。しかし、今回はそんな譜面についての記事を書きたいと思います。

 

ちなみにですが、わたしは耳コピ派なので、譜面というのは「一長一短」があるなあ、と思っています。それはいろいろ思うところがあるので、別記事にしようと思います。

これは、クラシック批判(?)とも受け取られかねない、けっこう神経を使う話題でもあります。

 

しかし、間違いなく言えるのは、DTM時代になっても、楽譜は人と音楽を共有するための、便利なツールであり続けているってことですね。

楽譜を読めない人は、読めるようになった方がいいです(断言)

自分も、初見で早く楽譜を読む、とかまるでできないですけど、ゆっくりなら読めます。(加線はドレミをカタカナで書いてます。それでも十分やくにたってます)

さあ、レッツチャレンジ!↓

 

ミュゼスコアMuseScoreはSNS?

https://musescore.org/ja

わたしがミュゼスコアMuseScoreを気に入っている理由の一つが、ユーザーが楽譜を共有する、SNS的な機能があることです。

 なかなか貴重な楽譜を作ってくれるユーザーさんもいらっしゃって、新しい曲を弾きたいときは、いつもミュゼスコア!です。

たとえば、「Disney medley」 で検索すると、こんな感じ。

わんさかと出てきます。

 

f:id:pianosukisugiru:20190412130040j:plain

検索画面は、上の検索窓からキーワードを入れてみよう。英語で入れるといっぱい出てくる。

わたしが「これ、弾きたい~(^^)/」と思ったのは↓です。

https://musescore.com/user/1532071/scores/2386336

いっしょに練習しないか?

 

 ミュゼスコアの楽譜は、もちろん、市販の楽譜と違って、クオリティはバラバラです。

「玉石混交」している感じです。

しかし、わたしは、そもそもが耳コピ派なので、楽譜の正確性とか、完成度とかに、それほどは思い入れがありません。メロディがわかり、和音が何となく把握できれば、まあそれでいいか、という感じです。渾身の作品で、かっこいいアレンジを記譜してくれてると、もちろん感動しますし、その楽譜に出会った嬉しさが倍増しますけど。何もそこまではしなくていいよ、というスタンスです。

(この辺は、クラシックの人とまったく違う点かもしれませんね)

 ユーザー登録してしまった。

ピアノアレンジ譜を作ったら公開してみよう。そう思って、ユーザー登録しちゃいました。

「TakuyainBKK」という名前で活動することにしました。

そして、恐れ多くも、Jingle Bell Rag(Easy Piano)という自作アレンジ楽譜をアップロードしてしまうという思い切った行動に出たのでした。

musescore.com

よかったらクリックしてください。

英語圏の人が多く見るだろうと思って、がんばって英語で説明を書きました。

だって、ジ・ン・グ・ル・ベ・ル なんてカタカナで書いたってさ、英語を話す人には「What?」みたいな感じでしょ笑。

 

ツイキャスで「ピアノアレンジ実況」しても面白い。

ツイキャスの楽器弾いてる人たちを見て思ったのですけど、どうも、みんな、ただ楽器を弾いてるだけで、目新しい感じがしないんだよね。(自分もなんだけどさ)

そこで、ちょっと人と変わったことをしたいなあ、と考えました。

それで、耳コピーした曲をミュゼスコアに打ち込むのはどう?と思ったのでした。

そこで、

「ミュゼスコアの画面を配信ソフトに映し出して、アレンジ実況はどうよ!?」

そう思ってやってみましたよ。

その結果、、、

もうコンテンツとして成立しなかったです!

しかも、I GOT RHYTHMをアレンジしてるとき、メロディの調と伴奏の調をまちがえて入れてしまったり、(しかも気が付かない。どんだけ耳が悪いんだろ、わたし)それに後から気づいて落ち込んだりしました。

【釈明】

耳コピしたメロディと、ネットで調べたコード進行が違う調だったのだ!

 

それに、もっと、音符をスムーズにササっと打ち込めるようにならないと間延びしちゃってダメかな、と。

 

修正案です。

そこで、ある程度完成したミュゼスコア楽譜を配信ソフトに映して、それを見ながら修正したり、練習したり、というのはありかな、と思いましたね。

持っていき方としては、

「楽譜を見ながらピアノを練習します」

「いっしょに練習しませんか?」

「アレンジをしてるんだけど、いいアイディアありませんか?」

 

なんてやれば、視聴者さん参加型のコンテンツになる可能性もあるんではないか、と感じました。

いっしょに練習しよう、とか、ああ、そこダサい。わたしならこう弾くのに!

とか、面白がってくれる人もいると思うんですよね。

 

というわけで、MuseScoreの活用法、みたいな記事でした。

お読みいただきましてありがとうございます。

 

次回の更新は4月20日(土)になります。

 

 

 

スポンサードリンク