ピアノが好きすぎるブログ

毎週土曜日に更新しています。

無料で使えるボーカロイド、Synthsizer Vを使ってみた。

先週の記事でVocaloidについてちょっと書いたのですが、

www.pianosukisugi.com

無料で使えるボーカロイドがないものか?と思って探してみたところ、見つかったのでそのことを記事に書こうと思います。

 

ちなみに、有料のVocaloid、「初音ミク」とか「鏡音リン」「結月ゆかり」は、導入に踏み切るには、お値段的にかなり勇気がいりますね。

 

 もちろん、こういったものを使うメリットはあるわけで、それは使っていないのに言うのもなんですが、人気のボカロ作家がが使ってるという安心感や信頼感。

しかし、

作品を作ったときに、聞いてもらいやすい、ということが一番大きいでしょうね。

つまり、「初音ミク」が聞きたくて検索する人もいるので、そういう人にリーチできる、ということですね。人気Vocaloidの価格が高いのは、性能もさることながら、リスナーにリーチできる可能性が高いという、マーケティング的な価値が反映されているのかな、と思ったりもします。

前置き以上です。

 今回ダウンロードしたSynthsizer Vはこちらになります。

リンクを貼っておきます。↓

synthesizerv.com

 開発者(すごくお若い方ですね!)のKanru Huaさんという方のTwitter。

Kanru Hua (@khuasw) | Twitter

そしてYoutubeに上がってたプレゼン動画。

 英語を話し、プログラミングに長け、さらにギターもお上手だったりします。Twitterには日本語(勉強中)とありますね。

 

すごいですね!いや、本当にすごいと思います。

どんだけ能力高いんでしょう?

私も個人的に中国人のお若い友人がいるのですが、まじめで頭がよく、性格もよい、という感じで、、、(Kanru Huaさんは台湾人なのかな?)

 我が国の若者にも、Vocaloid開発の分野で奮起を期待したいところですね。

 

じゃあ、使ってみた感想を書いていきましょう。

 

この通りにやればあなたもボカロp?

上のリンクから、

 synthv-setup (エディター)と、renri-setup(歌声:闇音レンリ)の2つのファイルを入手しましょう。

メールアドレスなどの登録もなく、普通にダウンロードできました。

 

Synthsizer VエディターはWindows、Linux、MacOS版が存在します。

そして、歌声が

中国語 AIKO

英語  Eleanor Forte

日本語 男声 GENBU 女声 闇音レンリ

となっています。中国語のAIKOだけ有償になっているようです。

台湾ドルの決済になってて、6000円ちょっとですね。中国語の歌を作りたい人は、AIKOを買いましょう。

で、エディターと闇音レンリは無事に無料で入手できるようなので、ダウンロードしてみました。使ってるパソコンはIntel Core i3のちょっと古いノートPCです。オーディオIFは使わず、オンボードのサウンドカードで鳴らしてみました。

 

さあ、立ち上げましょう!

あっ!

f:id:pianosukisugiru:20190803205815j:plain

こんなのが出てきました。

 

Trying Out(試用版)という位置づけなので、起動するたびにこの画面が出ますが、しばらく待って「Continue Evaluating」を押せばOKです。引き続き評価中、みたいな意味ですかね?

ずーっと評価中だと悪い気もしてくるので、将来的に何曲か形になったら、お礼の意味で課金してあげたいところですね。(買い方とかよくわからないですが汗)

 

次に「闇音レンリ」を選びます。

プロジェクト>歌声ライブラリ で「闇音レンリ」を選択します。

f:id:pianosukisugiru:20190803211716j:plain

これで準備OKです。

あとの手順は

1.音符を打ち込む。

2.歌詞を入力する。

3.再生する。

 

ですね。

軽く解説します。

ポイントは一つだけです。

「きらきら星」を打ち込んだ画面が下です。

ピアノロール画面の右上の赤丸で囲ったボタンがポイントです。

ここを「えんぴつ」ツールにすると編集できます。えんぴつではない状態だと、選択ツールになるようです。

f:id:pianosukisugiru:20190803212139j:plain

 1.ドドソソララソー、ファファミミレレドー などとメロディをマウスで打ち込んでいきます。端っこをひっぱって音符の長さが変えられます。

 2.歌詞入力。これは音符を選んで右クリックして「歌詞入力」でできます。

ひらがなで入力するのですが、すごい技があります。

「きらきらひかる」をスペースを入れて「き ら き ら ひ か る」と最初の「ド」のところに打ち込んであげると、2番目の音符に「ら」3番目の音符に「き」みたいに歌ってくれます。これでだいぶ手間が省けますよ。

3.再生。これはピアノロールの右端の再生ボタンを押すか、

プロジェクト>最初から再生 で歌ってくれます。

 

いかがでしょうか?

ノートパソコンの電源が残り10分を切ったので(今、出先です)いそいで記事をアップロードしますが、これはボカロ入門としてバッチリだと思いました。

これでボカロ楽しい!みたいになったら、初音ミクに手を出すのもいいかもしれませんね。思うに、自分で歌うより、心理的なプレッシャーが低いので、Vocaloidに手を出したい人は多いと感じます。

 

少しでもお役に立てたら幸いです。

お読みいただきましてありがとうございます。

 

次回の更新は8月10日(土)になります。

 

 

 

 

 

スポンサードリンク