ピアノが好きすぎるブログ

毎週土曜日に更新しています。

楽器動画投稿に挫折しているあなたへ。

は?

 

なんで動画投稿?

 

あなたがそう思われたのも無理はないです。

すみませんが、私が好きなジャンルの話なのです。

 

楽器配信だの動画だのをやろうという

ダイハードなあなただけは、私の話を聞いて下さい。

 

私は先週辺りから、ツイキャス練習配信の頻度を上げました。

ここ数回の配信では

「エリーゼのために。が15日間で弾けるようになるか」

 

という企画配信を行なっております。

 

しかし不人気です…^ ^

 

まだ練習始めたばかりなのだから(そういう企画なんだから)温かい目で見守っていただきたいものですが、おそらくは配信を見て、

 

(うわ!こいつ下手くそ笑)

 

そう思って即離脱するためだと思われます。

 

さらに連日のピアノ配信で睡眠不足に陥った私は、

あろうことか金曜日の配信をサボってしまいました。

 

夜、9時過ぎには眠り始めて、11時ごろ起きるとタイ人配偶者さん(たまに配信で声だけ登場する女性です)がキティちゃんちゃぶ台(そういうのがあるのだ)で何か仕事していました。

 

その鬼気迫る姿を見て、わたしは

夜更かしがとても不健康な行為に感じられました。

そして、ピアノ配信の時間帯を見直さなきゃ、と思いました。

 

今までの夜配信は身体に負担かけ過ぎです。

 

わたしは夕方5時過ぎに帰宅することが多いのです。

そこで、夕方の時間帯。

帰宅直後の30分を配信に当てたいところです。

 

外出で疲れてヘロヘロになった状態で配信する…

辛そう(^◇^;)

しかし帰宅直後配信なら、

夜は9時過ぎにはベッドに入ることが可能です。

ロングスリーパーな私に必要な

7時間30分の睡眠時間が確保されます。

 

夕方配信ははたして可能か。

そんなことを考えています。

 

で本題です。

 

配信と動画は似て非なるものである

 

まず明らかにしておきたいのは、

「配信」と「動画」は全然違うということです。

 

ぶっちゃけますと、配信は誰でも出来ます。

 

(装備)冗談抜きでスマホ1台。

(内容)「しゃべる」

   「ピアノの練習をする」

  「コメント来たら読む。答える」

 

それだけです。

 

美人配信者さんだとコメント読みに忙殺されて

ピアノの練習どころではないと思います。

 

が、私は?

美人はもとよりイケメンですらないので、

幸いにも配信中にピアノを弾く時間が腐るほどあります。

 

しかし…動画はどうでしょう?

 

f:id:pianosukisugiru:20200208205817j:image

ある程度、キチンとしたコンテンツとしての体裁を整えていないといけないのです!

演奏だったら、ある程度は間違えずにちゃんと弾けている、とか。

教える系だったら、ちゃんと話がまとまっていて、編集も施されている、などです。

 

だから、動画は

1.企画

2.撮影

3.編集

4.投稿

 

と4つのフェーズに対して、

エネルギーや時間というコストをキチンとかけて行う必要があり、

非常にハードルが高くなっています。

 

楽器で動画投稿をしようというダイハードな人には、

「あまり安易に考えるなよ」というのが、

わたしの第一のアドバイスだったりします。

 

チャンネルコンセプトを決めよう。(大前提)

 

 え?それでも動画投稿がしたい、ですって?

やれやれ。あなたも動画投稿病にかかっている、かわいそうなお人だ。

 

では、ここに動画投稿に絶対に挫折しないレシピを書くことにしましょう。

(お前が言うな、なのは承知で書いてるのでお手柔らかに)

 

あなたのチャンネルのコンセプトを考えましょう。

 

まず、これ。

何も考えずに走り始めるのは、

まあそれでもいいんですけど、

どういうチャンネルにしたいか?

それをまず明確にしましょう。

わたしのケースだと

    • ツイキャスで培った既成曲のレパートリーを発表する。
    • 自分でピアノアレンジした曲を発表する。
    • 耳コピーでピアノを弾くための勉強方法、トレーニング方法の講座。
    • ソロピアノにアレンジするための講座。

    をコンテンツにした、

    ピアノや耳コピーの楽しさを世の中に伝えるためのチャンネルを作りたい。

そんな崇高なコンセプトがあるのです。 

 

 あと、マネタイズの方法も考えた方がいいでしょう。

わたしは

  • 限定公開動画を有料コンテンツにする。

     

という方法でお小遣い稼ぎを狙っています。

これなら、チャンネル登録者数が伸びなくても可能ですから。

 

一つの動画を投稿するまでの一連の流れを解説その①(お前が言うな)

 

たとえば、既成曲のレパートリー動画を、作るとしましょう。

ならばこんな風に作業は進むことでしょう。

 

1.動画シナリオを作る。

まず、大まかな流れ「動画シナリオ」をつくります。

ここでは、もうその動画が完成したかのように

イメージ出来るくらい作り込みたいです。

 

たとえば、

シーン1

曲のタイトルやどんな曲なのか紹介をする。

シーン2

曲を弾く。

シーン3

「聞いてくれてありがとう

みたいなエンドロール。

2.シーンを撮影する。

 

上の例だと、3つのシーンから成り立っていますね?

1番目のシーンは

「曲のタイトルやどんな曲なのかを紹介する。」

です。

がんばってシーンを撮影しましょう。

そして、撮影方法を「作業手順書」にまとめます。

 【シーン撮影の作業手順書に書くべきこと】

どんなカメラをどうセッティングするか。

音声をどうやって録るか。

何を話すか。

話す内容のカンペをどう作るか。

映像には何を映すか。

どんな服を着るか。

メイクを軽くするか。

ライティング(照明)をどう使うか。

撮影したデータはどうやってパソコンに送るか。

曲紹介の時間は何秒か。

 他にもいろいろあると思う。

 

このようないろいろなことを、

作業手順書にまとめながら、

実際にシーンを撮影する。

 

演奏シーンを撮るなら、

 

長い曲であれば、

いくつかのパートに分けて撮影すればいい。

(編集でひとつにまとめる)

 

そのやり方も作業手順書にまとめます。

 

すると、

 

後日、同じようなシーンを撮影するとき、

やり方をいちいち考えずとも作業手順書を見れば

同じような動画が撮影出来るのですよ。

 

一つの動画を投稿するまでの一連の流れを解説その②(お前が言うな)

ファイナルステップです。

 

3.パソコンソフトで動画編集。

 

ここでは、

シーンを順番に並べる。

不要部分のカット。

テロップ入れ。

画像入れ。

BGM、効果音入れ。

音量バランスの調節。

 

あたりです。

 

そして、動画を完成させ、mp4形式で完パケします。

 

ちなみに、私はソフトは

DaVinci Resolve ver15(無料は正義)

を使ってます。

 

4.投稿。

YouTubeのクリエイターツールで、

関連動画にリンクを貼ったり、

いろいろ出来るのです。

 

それから。

SEOとまでは行きませんが、

サムネイル画像。

タグ設定。

動画説明欄。

 

この辺はチャンネルを伸ばしたいなら、

手を抜けないでしょう。

 

このように、動画はなかなかハードルが高いです。

 

配信をそのまま動画化するのが、いわゆる

「無編集クソ動画」というスタイルです。

コストは最小に抑えることができますが、

楽器動画投稿には馴染まないと思います。

 

 

この記事、不完全なので、

やがて加筆修正しますが、

とりあえず土曜日投稿なので公開します。

 

お読みいただきましてありがとうございます。

 

次回の投稿は2月15日(土)になります。

 

スポンサードリンク