ピアノが好きすぎるブログ

毎週土曜日に更新しています。

Youtube動画をどうしましょうか会議。

SNSには時間がかかるよね。

今さら感は否めませんが、今週からInstagramを始めてみました。
語学教師としての仕事用の「ビジネス?アカウント」です。

国際結婚によりいつの間にか身に着いた、タイ語、英語などを駆使してます。
(まあ正確にはGoogle翻訳だけど!)

1日1本ペースで30秒くらいのショート動画をあげて、
フォロワーを増やしたいと思っています。
注;Instagramでは最長1分の動画が投稿できるのです。

それで、
昨日、はじめてInstagramに動画投稿したんですけど、
一人でスマホに向かってブツブツしゃべってるわけですね。

配偶者さんには奇異の目で見られますし、
初心者なので、やり方とかわからなくて、、、
時間も30分以上かかってしまいました。

この作業を毎日か、、、と思うと、
ちょっとした修業ですよね。
(土日は何かと忙しいので休むとしても月~金の週5日)

あ、インスタのアカウント名ですか?
いや、このブログで教えても意味ないので書きません。

 

日本のネットマーケット縮小仮説

ヤフーニュースにも出てましたけど、
政治の世界では、Youtubeで知名度をあげた
立花孝志さんとか矢内東紀(やうちはるき)さんが衆院静岡4区に出馬するらしいです。

headlines.yahoo.co.jp

こういうのを見ると、まあネットってすごいよな、と素直に思いますけど、

Youtube見てる人って若者(というより子ども)が多いだろうし、
肝心の有権者層に届くのかな?と
疑問に思ったりもします。

まあ、立花さん矢内さんは、日本のドメスティックな選挙のお話ですが、
話をもっと単純に、ネットで数を取ろうと思ったら、
英語、中国語でやった方が数字だけなら行くんじゃないの?
という仮説を私は持っています。

もっとも「そこから何かをお買い上げいただく」とかの話になると
日本人相手でないと難しいのでしょうけど、
ここで言うのは、単純にpv、数字の問題ですね。

数字目的なら、日本語ではなくグローバル言語で行くべき、という意味です。
これから日本は経済規模、人口、ともに縮小しますので、
この傾向は顕著でしょう。

そこで、軽く実験をしてみることにします。

英語圏で利用者数が多いとされている配信アプリLive Me。
Live Meで、タイトル、タグなどを英語つけて配信する。
「ピアノ」じゃなくて「piano」みたいな感じです。

それで、どのくらい人が見に来るか試してみます。

問題は、アメリカとタイの時差がちょうど12時間なので、
夜8時配信すると、アメリカの朝8時なのですね。
ロンドンとは7時間時差なので、夜8時配信がロンドンの午後1時。
そんな感じね。

時間帯悪いんですよ(^◇^;)

 

英語力も大問題。
英語でマシンガントークしろと言われれば

不可能です…トーク系は無理。
わたしはコンテンツがピアノ演奏なので、
曲名とか、軽いMCだけを英語で話して、あとは何か弾いていればいいので。
(その英語すらGoogle翻訳で出てきたセンテンスを下手な発音で言うだけになると思う)

あまり敷居をムダに上げないことですね。

 

現状、運用しているのはツイキャスです。
タグは「ピアノ練習」とかです。

話すのは日本語のみ。

もちろん、視聴者も日本人がメインでしょう。
1枠配信で10人しか見に来ない状態なので、

過疎キャスです…

 

Live Meにツイキャス より人が来ることがわかれば、LiveMeに乗り換えるべきですよね。


先にあげたわたしのInstagramも

タグもコンテンツも、英語、タイ語です。


わたしはグローバル展開を意識して、

ネットで情報発信したいのです。


Youtube動画をどうしましょうか会議

【言語】
Youtubeだとトークもしっかりしないといけないので、
英語は無理でしょう。
英語圏を相手に出来るコンテンツは、まあ「弾いてみた」だけかな、と
思っています。
「弾いてみた」だけ英語タイトル。

トーク系は日本語(できれば英語字幕?)

【時間的リソース】
作業時間の制限もあります。

時間的に裂けるリソースは、多く見積もっても1日30分だと思います。

30分作業で何ができるだろう?
そのことを今週はずっと考えていました。

月、水、金は配信。火、木は動画。
にしようかな。
それだと週1ペースで動画を1本出す感じですね。

1時間で1本撮れるペースを作ればいいでしょう。

【コンテンツ】

「弾いてみた」は

王道コンテンツなんですけど、、、
そうそうレパートリーをため込めるわけではない。
「弾いてみた」だけに頼るのは困難だと思います。

「初心者向け講座」
得意なのは「耳コピー」とか「アレンジ」なので、
その辺を講座形式に落とし込めば、
価値のあるコンテンツが出来るのでは?

【撮影】

なるべくシンプルにしたい。
しかし、スマホで撮るのは難しいので、
撮影にはPC(WEBカメラ)を使用し、
録画ソフトはOBS Studioを使用する。
WEBカメラ2つ使いで、

「自撮り」と「鍵盤撮り」のデュアル撮影という
荒技を考えています。

「耳コピー」については、鍵盤撮影は不要。

自撮りだけ。
「弾いてみた」「アレンジ」については、

鍵盤撮影が重要なので、デュアル撮影。

そして、
鍵盤撮影するには

「上から押している鍵盤がハッキリ目視できる」

アングルを撮る方法を見つけないといけません。

【音声】

「声もピアノも、USBマイク1本で録音」

がかんたんかな。
マイク1本で撮るので、音量バランスが難しそう、、、。
ピアノをソフトシンセを鳴らして、

声をマイクで撮る方法もあるけど、
これはかなりめんどうですね。このどちらの方法にするか、ですね。

【編集】

テロップ、画像入れ、カット編集くらいを

DaVinci Resolveで行う。

 

気が遠くなりました…
いやいや。ユーチューバーってすごいですね。
ピアノ関連の動画を撮っている方がこの記事を読んでいたら、こうやってるよ、という感じの
アドバイスほしいです。。。

 

来週のブログ更新日には、
何か進展が見られるようにがんばりたいです。。。

では、4年に1度の2月29日の更新でした。
これから、「4年後の2024年2月29日のわたしへ。」という
手紙を書いて寝ます。


次回の更新は、3月6日(土)になります。

スポンサードリンク