ピアノが好きすぎるブログ

毎週土曜日に更新しています。

ツイッターの使い方を再考しようと思う。

最近、トランプ大統領が新型コロナウィルスに感染してたという、ちょっとした?ニュースがありました。

 

トランプ大統領と言えば、ツイッター大統領です。

ふと、そういえば自分もツイッターのライトユーザーだったよね、と気がついて、ピアノとツイッター、といった記事を書いてみたくなりました。

 

まずはブログでのシェア方法

 

この記事をお読みのあなたは、ブロガーさんかもしれませんね。

そこで、ツイッターのシェア方法をまずは覚えましょう。(私はよー知らんかったよ)

 

こんなやつ↓

 

 

 やり方は簡単。

f:id:pianosukisugiru:20201003111636j:image

これは、iPhone版のツイッターのスクショですけど、シェアボタンを押して、「ツイートへのリンクをコピー」です。

コピーした文字列をブログで通常通り、リンク挿入すればよいようです。

ツイッター内部では、リツイートという拡散機能がついてるのはよく知られた話ですが、ブログなどの外部サービスででシェアする場合は、この方法で。

 

これ、基本ですね。

 

さて、どうやってツイッターを使おうかな

 

まず、「そもそも論」なのですが、本来は、ツイッターはもちろん、情報発信系のSNS全般に言えることですが、

 

1.自分がナニモノであるかを明確にする。

2.私をフォローするとこんなメリットがあるとアピる。

3.顧客や見込み客との人間関係を深めるためのツール。

 

 

こんな感じなのかな、と思うのです。

 

そして、方向性としては、

 

自分も相手もwin-winになる人間関係を得る。

ある専門領域の中で存在感を高める。

 

 

みたいなところを到達点にするのでしょ?

 

例として、ある飲食店オーナーがツイッターをするとして…。

 

1.自分は飲食店を経営しているオーナー。

2.お店の情報などがわかるツイート。

3.常連客とのやり取りで顧客維持率アップ。

 

その結果、

  • 飲食店のお客様、という人間関係を得る。
  • 飲食店やオーナーである自分の存在感が増す。

 

というイメージですね。

 

まず「ナニモノ」という自分の「情報発信者としての立ち位置」をどう設定するか、が、ツイッターなどをする上で最初に考えなければいけない部分のはずなのに…

 

自分は何も考えずに始めてしまい、今さら考察を始めています。あーあ、ですね…(^^;;

 

他の人はどうしているんだろう?調べてみよっと。

 

ツイッターの検索窓に「ピアノ」と打ち込んでみましょう。

すると「ピアノ」というトピックに関するツイート(などなど)がツイッターに届くようになるみたいです。知らなかったよー。

f:id:pianosukisugiru:20201003140508j:image

まずは、これでタイムラインに流れてくるものを読んで、自分のツイッターの運用方法を考えてみることにしました。

 

その準備段階として、「今までの反省」を今さらですが、してみたいです。

 

ツイッターをやる上で好ましくないのは、

自分の興味のあることを支離滅裂につぶやいてしまい、統一性が乱れることかな、

と思いました。

 

ビジネス情報を発信するはずのアカウントが、食べ物の写真をあげてる、とか、健康雑学のアカウントが、この映画よかったよ、とやってしまうパターンですね。

 

現状、そこが自分は出来てません。

 

バンコクに住んでる、というのがユニークポイントなので、

そこはツイートの核にしたいと漠然とは考えているのですが、

 

「バンコクに住んでいて」

「ネット将棋の局面をのせ」

「ポコチャの宣伝もして」

「占い好きであり」

「さらにピアノ好きであり」

「社会ネタのモノ申すや愚痴吐きまでカバーする」

 

とあまりにも方向性がバラバラで、どう扱えばいいのかわからないアカウントになっている。

 

だから、ピアノのツイッターをやるのであれば、別アカでやることも考慮した方がいいかもしれませんね。複数アカウントの管理が大変になって来るのが問題ですが。

 

ザックリした方向性はこんな感じだろうか。

 

①ピアノ演奏動画。(王道)

やはりこれだよね。でも、ツイッターって外出時とかにちゃちゃっとやるイメージなので、お部屋でスタンド立てて自撮りはめんどくさい。そこが欠点。

②アプリ演奏動画。(邪道)

スマホやタブレットのアプリを演奏した動画を投稿する。これなら、ちょっと静かな場所があれば外出先で出来る。端末が「撮影用」と「演奏用」の2台必要ってのは欠点。

③弾いてほしい曲はないか?

フォロワーがついたら、リクエスト募集をしてもいいかもしれない。

④ピアノ弾けるかな?

なんちゃってレッスン動画。これも需要あるかも。

⑤みんなで見ようライブ配信

最終到達点はここだろうか。フォロワーなしでライブしても、わたしのポコチャみたくなるので、はずい。まあ、いろんな意味でだいぶ先の話になってくるけど。

 

それと、書いていて気がついたが、

ピアノは言葉が分からなくても成立するコンテンツ。

 

ということは、トランプ大統領がいる英語圏に向けてツイートしても見てくれる人がいるかもしれない。(やり方はしらない。ハッシュタグ#pianoとでもするのだろうか)

その場合は、

曲をX JAPANにするとか

海外で流行ってるアニソン的なものにするとか、

なんかコンテンツを工夫すると伸びるかもしれない。

もちろんキャプションに書く文字は英語で、ということになるでしょう。

【参考記事】

Twitter検索で常に日本語(or英語)だけを検索対象にする方法を考えてみた

 

など、、、ということを考察してみました。

 

 

今から1週間考えて決めようと思います。

 

では、今回の記事は以上になります。

お読みいただきましてありがとうございました。

 

次回の更新は10月10日(土)です。

スポンサードリンク