ピアノが好きすぎるブログ

毎週土曜日に更新しています。

英語のドラム教則本を買ってみた話。

こんにちは。

最近は、居住地のタイ、バンコクの民主化デモが荒ぶっているので、外出すると公安などが多く、ちょっと怖い毎日です。

警察だの軍隊だの、税金で食ってる輩が多すぎるのがタイという国の特徴ですね…。あらためて感じます。

 

私は、鈍感力があるので、帰宅途中にデモやってる場所の近くを平然と通ったりしてます。デモ参加者は若い人が多いです。今の若者は、政府のプロパガンダなど見抜いていますし、老害駆逐は日本より順調に進みそうです笑。

私、街の様子をツイッターに上げたりしてますが、まあ、やめた方がいいかな?ツイッターでは、事実だけをつぶやいて、政府や王室の批判はしないようにするつもりです、今のところは。

 

ドラム教則本を買いました。

 

実は、タイのISETANが最近、閉店しました。

日系デパートは、海外でもオワコンです。

ISETANが今どんな様子か、気になっていたし、

タイトル回収すると、

ドラム教則本を買いたかったので、

街にのこのことやって来ました。

f:id:pianosukisugiru:20201017134941j:image

この寂れた看板が哀愁をそそりますね。

日本人としては、やはり悲しいものがあるよね…。

f:id:pianosukisugiru:20201017135126j:image

で、紀伊國屋書店さんは、まだ営業中と聞いていたので、英語で書かれたドラム教則本を買いに来たのですが…お隣のセントラルワールドに移転するらしく、店じまいの真っ最中でした。(存続してくれるようでよかったです)

そんなわけで、ここでの購入は諦めて、サイアムパラゴンの中にある紀伊國屋書店さん(洋書中心)に行こうと思ったのですが、案の定、デモに遭遇。

f:id:pianosukisugiru:20201017135553j:image

公安部隊が臨戦態勢を取る横を、そそくさと通り過ぎて、サイアムパラゴンに行ってきました。

 

ドラム教則本は、こんなやつ買いました。

 

f:id:pianosukisugiru:20201017140801j:image

やたらとヒャッハーな感じではなく、

かと言って堅苦しくもないという、

絶妙な体裁をしていますね。

 

お値段767バーツでした。

恥ずかしながら…

私の2日分のお小遣いに相当しますね。

 

LEVEL1とLEVEL2の合本です。

LEVEL1でドラム譜の読み方とか、叩き方の基本を学び、

LEVEL2で具体的なジャンル別叩き方を学ぶ。

そんな構成でした。

内容は大満足でした^ ^。

基本を押さえつつ、代表的なリズムの叩き方も載っています。

Motownとかね↓

f:id:pianosukisugiru:20201017141149j:image

ちなみにですが、洋書の音楽教則本を買うなら、

HAL LEONARD

という出版社がおすすめです。

CDもDVDもついてるし、内容が期待通りなのが多いですね。

 

日本のアマゾンさんにも売ってました。

LEVEL1とLEVEL2が別冊になってるのしか在庫がないようです。

 LEVEL1だけやってみて、面白そうだったらLEVEL2という買い方ができるので、この方がいいかも、ですね。

ドラムアプリで練習したい。

 

もちろん、私はドラムは買いません。

ただでさえピアノが鎮座して

場所を取っているので、

巨大なモノを買うときは、かなり熟考します。

 

ドラム買うくらいなら、

ニンテンドースイッチとか、

他にも買いたいモノはありますしね。

 

f:id:pianosukisugiru:20201017142249j:image

 

DrumSetというAndroidのアプリですが、

これで、教則本のパターンを練習したいと思います。

やがてはキーボードを使ったドラミングにも

チャレンジしたいかな。

ドラム(アプリ?)とピアノと両方自分で演奏して、曲を作る!

そんなことを夢見ています。

 

外ポコチャの時にでもネタにしよう。

という目的もありました。

何か曲を流しながら、合わせてポコポコとアプリを叩く。

いいと思います。

 

というわけで、今回は英語のドラム教則本を買ってみた、という記事でした。

お読みいただきましてありがとうございます。

 

次回の更新は10月24日(土)になります。

 

スポンサードリンク