ピアノが好きすぎるブログ

毎週土曜日に更新しています。

「弾いてみた系」の動画の制作で気をつけていること。

こんにちは。11月も中旬になってしまいました。

最近、細木数子さんと瀬戸内寂聴さんというスピリチュアル界の二大熟女が相次いでこの世を去り、諸行無常を感じています。

タイの若者たちから「好きなアニメ」として名前をよく聞くのが「呪術廻戦」なのですが、話を合わせるために見始めたのも今週です。

これが、なかなかのダークファンタジー仕立てで、ますます「死」を意識しますね。

いきなり、主人公のおじいさんが死ぬところからスタートします。

日本は高齢化が進み、死がますます身近になるのですね。

そういう時代なのでしょう。

ちなみにですが、もし私がコロナ禍が回復せずに、帰国する道を選んだら、中高年でも働ける(ような気がする)介護職に関わることを目指すでしょう。

もし、介護か警備員の2択だったら、介護を選びます。

 

なぜなら、

命についての気づきが得られるから。

そして、仕事を心を込めてやることで、この世を去る方たちのお役に立てるから。

介護を受ける高齢者さまの側からすると、私は息子くらいの年齢でちょうど親しみやすいかもしれない。性格的には、やさしい人だ、となぜか言われるので、実は向いてるんじゃないか、とも思います。

 

まあ、実際に働くとメチャクチャ大変そうですけどね(笑)

 

「弾いてみた動画投稿」を再開してみて

さっき「お役に立てる」みたいな話をしたんですが、

動画も、本当はみてくれた人のお役に立てる、ようなものを作りたいんですよね。

 

ビジネス的には「価値の提供」みたいなことで語られてしまうけど、

「お役に立つ」ことは、それをやってもらった人も感謝するでしょうけど、

やってる側の人間も、実はすごく深い喜びがあるんですよね。

人に親切して、(あー、損しちゃったよ)と思う人って

まずいないんじゃないかな?

これってよく考えると、不思議ですよね?

強い者がだけが生き残る、とか、自分の利益を最大化する、みたいな

「利己的である」こと。

これが科学的に言うと、DNAというか、生き物の本質なのでしょうけど、

なぜか人のために何かすると嬉しくなっちゃうというのは、

人間がもつ矛盾でもあり、どこか尊い感じもする。

 

だから、「弾いてみた系」の動画を作るときは、

「見てくれた視聴者様のお役に立てる」を意識して、

次の工夫をすることにしました。

 

上の動画で気をつけたことは

1.ソフトシンセの画面をキャプチャーして、弾いてる鍵盤がわかるようにする。

2.説明欄に曲についての情報をなるべく入れる。

3.サクッと終わる適切な長さで時間を過剰に奪わない。

4。サムネに曲タイトル情報を入れる。

5.テロップをちょっとだけ入れる。

6.曲をイメージさせる画像を入れる。(シンデレラのダンスシーンの画像)

 

 

とりあえず、それだけなんですけど、

無編集でただ単に「弾いてみた」だけよりも

ちょっとはお役に立つ動画になるんじゃないかな、と

作り手側としては、思ったりするのです。

 

「弾いてみた動画」はこの3週間で3本ほど作ってみました。

なんとなくコツのようなものがわかった気がします。

 

「教えてあげる系」の動画を作りたい

でも、本当にやりたいことって、

実はこのブログの記事みたいな

ピアノを弾くのに役に立つ情報を「教えてあげる」ような動画です。

私も、そういうのをたくさん見て、とても助かったし、感謝してるから。

自分もそういう動画の作り手側になりたい、と思うのですね。

 

でもね、、、

これが難しいのですね。

「弾いてみた」は弾いてみれば基本的にOKじゃないですか。

でも、「教えてあげる」だと原稿書いたり、説明の仕方を考えたり、、、

まあ、準備がまずたいへん。

 

あとは音声の録音環境です。

(楽器はパソコンの内部音声をそのままOBS STUDIOに録音するだけなので、基本的には問題はない)

私には家族がいるのですね。

喧噪の中で生きているのですよ?

 

私の奥さん(ブログ内ではタイ嫁、と呼称していますね)は、

とてもうるさいタイプの女性で、ひたすらしゃべっています。

仕事が、購買とかスケジュール管理らしく(詳しくは知らない。興味もない)

客、部下、上司、などと話し続けます。

たぶん、コールセンター勤務、とかと同じくらいの発話量じゃないかな?

もちろん、言語はタイ語と、怪しい英語です。

 

まあ、「タイ嫁の声」(サウンドとしての声、という意味ですね、)

声自体は好きなんですね。

わたしも一応はミュージシャンの端くれなので、

きれいな声(サウンドとしての)が好きなのですね。

世の中的には、女性に対して、容姿を重要視する男が多いと思いますが、

私は女性の、声をはじめとして、トータルで醸している、

視覚情報を超えた雰囲気のようなもの?

に惚れるタイプなんです。

 

オーラっていうのかな?

うまく説明できないわ。。。

 

それに、タイ嫁の「タイ語シャワー」を浴び続けた結果、

ノー勉強で、タイ語がだいたいわかるようになったという

意外なメリットもありました。

 

話がそれた感がありますけど、

 

これもコロナの影響ですね。

「出社」という概念が、基本なくなってしまいましたからね。

(タイ嫁は会社員です。

わたしは彼女のヒモに近いフリーランスで、

仕事があまりないんです( ノД`)シクシク…)

 

コロナが結局終わらないというシナリオで進行すると、

この状況(タイ嫁が家に居続ける)が10年続きますね。

10年後は

「今まで在宅ワークで仕事が回ってたんだから、もう出社はやめましょう」

みたいな方向になると思うのです。

5Gを利用した、バーチャルオフィスとか、そういうノリのものになるかは

やや懐疑的ですが、、、

(その頃にはタイ嫁は、もう退職してるかも、だけど)

 

そこで、私は自分の声を録音する環境がないのですよ。

いっそ「お外の静かなところ」に座って、鳥の声をバックグラウンドに流しながら録音しようか、という感じです。

それもいいかな?

スマホで自撮りした音声動画をあとでピクチャインピクチャで合成したらどうだろうか?

ピアノの動画なのに、海外の風景が映っている謎のVLOGみたいになって、

カオス感が増すと思うのですね。

 

これからの取り組み(教えてあげる系動画の制作について)

動画を続けるには、いちいち考えなくても作れる

仕組みを作ることなんです。

「笑っていいとも」みたいに、ゲストが電話リレーするとか、

「徹子の部屋」みたいに、ゲストの事前情報をバッチ調べておくとか、

ああいうのが「仕組み」です。

仕組みさえ作れば、半永久的に続けられる。

 

今回の、「教えてあげる系」の動画を作るのにも、仕組みが必要です。

 

その仕組みがワークすれば、基本的には続くと思うのですが、、、

 

①シナリオを作る。(トークなどもだいたい決めておく)

②シナリオに合わせてピアノ音声動画を撮影する。

③動画を再生しながら、人間の音声を静かなところで録音する。

④動画編集ソフト(DaVinci Resolve)で合成する。

⑤テロップ入れなどの編集作業。

⑥レンダリング。

 

気が遠くなりますね(笑)

 

というわけで、年末に向けてがんばっていきましょう。

 

次回の更新は11月20日(土)になります。

 

スポンサードリンク