ピアノが好きすぎるブログ

イチのつく日に更新しています。

【YouTube連動】Bluesのインプロビゼーションをやってみた【準備編】

ゆう@天音理心流です。

 

6月ですね〜。いかがお過ごしでしょうか。

また1年の半分が終わろうとしてますね。

 

個人的には、仕事の幅を広げようと思って、いろいろ画策してます。

ただでさえ少ないリソースをそちらに取られてしまい、ピアノ弾けてません。

 

今回から、予定では3回シリーズで、

「Bluesのインプロビゼーションをやってみた」

という企画を3回シリーズで書きたいと思います。

 

ユーチューブに連動しますので、

もしかしたらユーチューブからこのブログにたどり着いた、

なーんて人もいるかもしれませんね。

 

まずはコード進行の説明から

動画版は下です。

 

 

 

ブルースは12小節で、次のようなコード進行

…なんですね。

f:id:pianosukisugiru:20240610105747j:image

 

ジャズでは、もっとコード進行を

むずかしくすることもあるようです。

わたしはまだそんなハイレベルには

達してないので(笑)

上のシンプルコード進行でよしとしましょう。

 

ジャズスタンダード曲で

インプロビゼーションするのが目標ですけど、

いきなりは難しい…さあ、どうするべ?

 

そう思ってる人は、まず「ブルース」から

取り組むといいと思います。

コードが3つしかないし、

ワンコーラスが短いので。

他の曲にも、ブルースの音使いは応用可能です。

 

個人的におすすめな左手コードの弾き方

 

インプロビゼーションする土台となる、

左手のコードの弾き方。

 

わたしは下のイラストのように弾いています。

f:id:pianosukisugiru:20240610105819j:image

一部のジャズミュージシャン(日本人、ゆうこりん先生風に言うとポンニチの、ですね)の間では

サンナナキュー(3 7 9)

ナナサンジューサン(7 3 13)

と言われているようです。

 

ちょっと説明をしてみるね↓

 

サンナナキュー(3 7 9)とは?

①C7コードは C E G Bb です。

②C(ルート)とG(5度)は弾かない。

    E Bbを弾く。(3度が下、7度が上)

③9度のD を入れる。

 

ナナサンジューサン(7 3 13)とは?

①F7コードは F A C Eb です。

②F(ルート)とC(5度)は弾かない。

    Eb A を弾く。(7度が下、3度が上!)

③Fの13度上のDを入れる。

 

この説明ではわからない人、ごめんなさい!

わたしもどうやって説明したらいいか

わからないです。

 

ポイントとしては、

C7からF7のような4度↑進行では、

サンナナキュー→ナナサンジューサン

とした方が、指つかいが楽で、

音がスムーズにつながるってことです。

 

ユーチューブ動画では、

実際弾いてみたところの他に、

練習用にBPM120でiRealProの

カラオケを用意してます。

 

コードを弾く練習に使ってくださいね。

 

さて、久しぶりにピアノブログっぽい記事を書くことが出来ました。

ちょっと、動画が地味すぎるというか、

YouTubeっぽい編集をしなきゃ、

という感じですね。

 

その辺を次の動画では改善していきたいなあ、と思います。

 

 

ではでは。次回の動画は6月21日になります。

 

 

 

スポンサードリンク