ピアノが好きすぎるブログ

毎週土曜日に更新しています。

ビゴライブを2回ほど試してみた。

ピアノなどを一人で練習するのって、

まあ続かないです。

スケール弾いて、アルペジオ弾いて、

今やってる曲を弾いて、、、

もう途中でユーチューブ見てますから。

 

擬似的でもいいので、他人の視線がないと

がんばるぞ、という気持ちにならないんですよね。

 

実名登録が基本のSNS、フェイスブック。

あれも「ライブ動画」という機能があって、

スマホ一つでピアノ練習の実況が出来るんですね。

 

それで、誰かが見に来ると、それがわかるので、

その人の名前を呼んであげて、

「◯◯さん、いらっしゃい」とか

言うとよいでしょう。

 

でも、リアルで知ってる人が多いので、

恥ずかしい(*^^*)

 

しかし、そこを克服すると、

お外に出かけたときに

「ピアノ弾くんですね。フェイスブックで見ました」

と、人に会ったときにフィードバックが来る瞬間があります。これが嬉しい。

 

私のオススメするのは、

まだ練習が足りなくて下手な曲は、

ビゴライブのようなアプリで練習をして、

まあまあかな、という状態に仕上がったら、

フェイスブックでご披露する。

という流れです。

 

理由はかんたん。

 

ビゴライブは、リアルで知ってる人がいないので、

ヘタクソな練習をしても、あまり恥ずかしくないのです。

フェイスブックではそうは行きません。

 

あまりに下手だと、

あー、この人こんな下手なピアノを垂れ流して、

恥というモノを知らないなー。

 

SNS黒歴史を作ってしまいます。

 

ビゴライブをやってみて

下が私のアカウントです。


f:id:pianosukisugiru:20200418163855j:image

ツイキャスと比べると、人がいる感じがします。

これは本当です。

 

ビーンズ、というのをたくさん集めると

お金が貰えるそうです。

私はわずか2ビーンズです^^; 

誰が投げてくれたんでしょう?

 

英語でコメント入ることあります。

外人さんですね。

 

配信の内容はメチャクチャです。

小一時間配信するとして、

前半はずっとスケール練習やってます。

あとは、適当に曲をさらってます。

 

8小節ずつ練習することが多いです。

もう1回弾きます(^^)みたいな感じです。

つまり、曲を通して聞かせようとか、

ハナからしていません。

 

話すのは、日本語ですが、外人さんっぽかったら、

◯◯、Thank you for coming,

とか、

◯◯、谢谢你的光临シエシエニーダグアンリン

とか言ってます。

 

なんか、自分でもなんでこんなことやってるか

わからないんですけど、

どうせピアノの練習をするんなら、

どうせならネットに流しておけばいいじゃないですか。

 

少なくとも、ユーチューブ見ながら練習する、

みたいにダレることがなくなります。

 

毎日やったらファンがつくかも知れないし。

 

ということで、今回は、

あなたもビゴライブやってみては?

という啓発的記事でした。

 

お読みいただきましてありがとうございます。

次回の記事は4月25日(土)になります。

 

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク