ピアノが好きすぎるブログ

イチのつく日に更新しています。

天音理心流インプロビゼーションは「目印」と「パターン」

 

ゆう@天音理心流です。
今回も、ユーチューブの動画と連動していますので、
動画から来た人もいるかもしれませんね。

 

今日の記事は、インプロビゼーション(即興演奏)を

これから始めたいという方にぜひ読んでいただきたい記事です。

 

この動画を見てから記事を読んでくださいね。

(じゃないとわからないので)

 

なぜインプロビゼーションが出来ないか?

あなたがインプロビゼーションできない理由はカンタンです。
それは、「やり方」を知らないから、です。
「やり方」さえ知ってしまえば、

誰でもある程度は出来るようになるのですが、

そのような有益情報が世の中にあまり出回っていないのですね。


そして、わたしがこの記事に書く「やり方」は

答えの一つになりうると自負しています。

 

余談になりますが、ジャズピアノは
A「テーマのアレンジ(コードヴォイシング)」
B「相対音感 / トランスクライブ」
C「インプロビゼーション」
の3つが大切! とわたしは考えています。

 

つまり、インプロビゼーションは必須です!

「人差し指」を「目印」に置く。

非常に上手い方法が、「目印」を作ることです。
左手でコード、右手でインプロビゼーションしますね。
今回の動画の場合は「右手の人差し指」 を、
コードがCのときは「C」
コードがFのときは「F」
コードがGのときは「G」
に「置く」ことを始めに紹介しています。


「人差し指」には、理由があります。

f:id:pianosukisugiru:20240618170012j:image
「それ」って何かを指さすときに、人差し指を使いませんか?
つまり、「人の自然な行動」をピアノ演奏に落とし込んでいるのです。

Cコードのときは人差し指をCに乗せる。
それだけをまずはトレーニングします。
ほとんどの人は、すぐに出来るようになるはずです。

「パターン」が変化を作る。

次に「パターン」という概念が出てきます。
動画では
「上昇パターン」
「シンプルパターン」
の2つ、ですね。

f:id:pianosukisugiru:20240618170123j:image

f:id:pianosukisugiru:20240618170135j:image

インプロバイザー(即興演奏をする人)は、この2つのパターン、
どちらを使うか、が 自由意思に委ねられています。
あるいは「休符」にして1小節お休みすることも。

パターンが一つだけだったら、それこそ「ワンパターン」な演奏です。
でも、もし「パターン」が2つ、3つ、と増えていったら?
バリエーションはどんどん増えていきます。
毎コーラスごとに、違う演奏が出来ますね。
その時の気分で、思いつきで、パターンを選び取るのです。

昔のシーケンサーQYシリーズに相通じる

昔、コードを指定すると、かってに伴奏を作ってくれる
QYシリーズというシーケンサーがありました。

f:id:pianosukisugiru:20240618170639j:image

あれは、「フレーズ」がまず存在する。
「フレーズ」を「コード」に合わせて移調する。
そういうやり方で伴奏を作っていました。
つまり、「プログラム」ですね。
シーケンサーの伴奏作成は「プログラム」なのです。

この動画でやっていることも、
ドレミファソラシドの世界で「プログラミング」をしましょう、
ということなのですね。

音楽は自由だ、という考え方はステキです。

しかし、何か「材料」がないと何も作れないこともまた事実。

 

音楽だけではなくて、何かをやろうと思ったら、
まずは材料集めをしてみるといいと思います。

このブログがインプロビゼーションをする方の「材料」になれたらいいな、と
思っています。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

 

スポンサードリンク