ピアノが好きすぎるブログ

イチのつく日に更新しています。

インプロビゼーションできるようになりたいです。

ゆう@天音理心流© です。

来週あたりから ずーんっと(謎な効果音ですが)ヒマになりそうです。

ほんとにヒマっていいですね。

10月はピアノをがんばりたい、、、

 

そして、10月はふつうの曲じゃなくて、

インプロビゼーション(即興演奏)をメインにやってみたいので、

その取り組み方を考えてみました。

 

ジャズグレイツ耳コピ派についての考察

 

天才ジャズピアニスト・ゆうこりん さんが最近、新しい動画を出しました。

ゆうこりんさんは、ユーチューブジャズピアニストの中で、わたしの推しなのですね。

ゆうこりんさんのことについてご存じない方のためにちょっと書くと、

ジャズグレイツの耳コピをゴリゴリに推奨されている、ジャズピアニスト兼 教育ユーチューバー?みたいな方ですね。

わたしも、彼女(?)が言うような「ユーチューブでよく見かけるような、素人のへったくそな」ピアノ「ウンコ、インチキジャズ」(とよくおっしゃいます。ゆうこりんはけっこう口が悪いのです)を弾いている一人のような気もするので、なかなか胸に刺さるのですね(笑)

ゆうこりんさんは、

「音楽性を豊かにする」ために「良質なソロ」を練習することが大切。

とおっしゃいます。

これは真実かな。

 

普通の人用に(つまり、ジャズピアニストになろうとか考えていない人)言うと、

「音楽性を豊かにする」ために「自分がいいな、と思う曲」を聴くことが大切。

こんな感じだと思います。

そして、ジャズピアニストになることにこだわらなければ

ジャズグレイツを聴かなくても、自分がいいな、と思う曲を聴けばいいんですよ。

ジャズピアニストを聴くにしても、ゴリゴリのビバップではない曲でOKだと思う。

ビルエヴァンスだって、意外にもゴリゴリのジャズばかりではないのです。

楽器もエレピを弾いていて、明るいボサノバのThe Dolphin(From left to rightより)こんな感じの曲がわたしには合うのです。あと、個人的には、最近亡くなってしまいましたが、ビージー・アデールがおススメです。

 

 

まあ、ジャズピアニストになりたい人は、

ゴリゴリのビバップを根性でコピーしてくれ。健闘を祈るって感じでしょうか。

ちなみに、ですが、ビルエバンスは自分のスタイルをマネする人を嫌ったそうです。

彼は「スタイルはおのずと出来上がるものだ」という考え方をしていたのです。

彼のマネをする人は多いと思いますが、、、恐ろしい。。。

耳コピの練習法について考察

ゆうこりんさんの動画によると、練習は8つのポイントがあるそうです。

 

①譜面の最初から練習しない

②1小節ずつ取り出して練習する

③片手ずつ練習する

④必ずメトロノームを使う(2,4のハイハットのつもりで聴く)

⑤ゆっくりなテンポから練習する(ミスしないくらいのスピードから)

⓺少しずつテンポを上げてゆく

⑦回数でプレッシャーを与える(PL学園の3本ノックのように)

⑧小さな音で練習する

 

これは本当に納得。(というか、「耳コピあるある」ですね)

わたしも耳コピするときは、こんな感じでやってます。

耳コピをすると、自然にこのようになるのでしょう。

 

「耳コピ至上主義」に対するややアンチ的な私見

しかし、わたしは耳コピだけやってればいいとは考えていません。

インプロビゼーションとは、「即興演奏」ですよ。

その場で、心に浮かんだリズムと音を、流れるままに表現していくことがインプロビゼーションのはず。

音楽の神、サラスワティ様は、水、流れるものをつかさどる神様です。

そう。心のままに流れてゆくようにならないと、インプロビゼーションとは言えないはずです。

耳コピしたものをそのまま弾くと

「おー、よくコピーしたね」

というだけで終わると思うのですね。

 

そう考えると、インプロビゼーションのためには

「ソロの耳コピをする」とは「別の方法」が必要になってくる。

(それを模索しているのですが、、、)

 

耳コピしたソロを応用して、自分のソロに組み入れる。

 

使っている音、とか、ノリのいいリズム、とかの要素。コピー元のアイディアだけ拝借、という感じ。

これはよさそうな考えに思えます。

 

けど、実際にやろうとすると、難しそうなのが問題ですね。

ゆうこりんさんも、もちろん、そうされていると思うのですが「耳コピしたソロを応用する方法」を今後の動画で語ってくれると嬉しいですね。

 

あと、ゆうこりんさんには否定されそうですが、

弾くべき「スケール」とか「音のセット」のようなものを決めておいて、

それをその場の偶発的な感覚で音楽にしてゆく。

 

という方法。これには可能性を感じています。

 

この境地に至る人は少ないですが、

「1分の音楽を1分で作曲する」

が理想ですね。

つまり、瞬間を音楽で表現できるということ。

これがインプロヴァイザーの定義です。

 

クラシック音楽では、何か月もかけて曲を書くようですが、

そこがジャズとの違いでしょうか。

 

 

 

 

最後に、おそらくは1960年代後半に影響が大きかったと思われるボサノヴァ、ですが、Antonio Caelos Jobimの「WAVE(1967)」というアルバムはおススメです。先に上げたビルエヴァンスのDolphin「From left to right(1969)」が影響受けまくりではないですか!

たぶん、ですが、その時代のミュージシャンは、

その時代に流行っている音楽を耳コピーして自分の作品に取り入れてるんですね。

(こうやっとけば売れるよね!みたいな商業的な理由もあるのでしょう)

わたしがアニソンを聴きまくっているように(笑)

 

では、次回の更新は10月1日になります。

ありがとうございました。

 

 

スポンサードリンク