ピアノが好きすぎるブログ

毎週土曜日に更新しています。

耳コピピアニストが「クラシック」の人とだいぶ違ってるという話。

 

相対音感保持者のわたし。

絶対音感ありません(>人<;)

すると、あらゆる調で、

「その調の」ドレミファソラシドでメロディが聞こえます。

 

これっていわゆるクラシック的な「楽譜を見て演奏する」ということと、

相性が悪いというか、なじまないのですね。

 

今日はその辺について軽く書きます。

 

耳コピピアニストはこうして誕生する

 

耳コピピアニスト、というのは、

こんな感じでピアノに取り組んでいることが多いかと思います。

 

基本的には、

「曲を覚えるフェーズ」

「ピアノを練習するフェーズ」

っていう二つのフェーズがあるんです。

 

まず最初に来るのが

「曲を覚えるフェーズ」です。

 

 (1)西野カナさんが休養宣言をしたというニュースを見て、

そういえば聞いたことなかったなあ、と思って、YOUTUBEなんかで聞いてみる。

 

f:id:pianosukisugiru:20190126134921j:plain

(2)いろいろ聞いているうちに西野カナの曲では「Darling」という曲が、自分は好きだなあ、などと興味をもつ。そして、「Darling」という曲をスマホアプリ(iPhoneだと「ミュージック」)に入れて、持ち歩くようになる。

 

(3)何回も聞くうちに、歌詞と一緒にメロディも覚えてしまう。

メロディを歌えるようになった時点で、楽譜化する準備は整ったと考えてよいでしょう。

 

(4)IwriteMusicのような、楽譜を書けるアプリを使って、楽譜を書く。

 

f:id:pianosukisugiru:20190126171022j:image

↑私が採譜した西野カナの「Darling」

 

これは普通の人には驚愕する能力かもしれないけど、歌を正しく歌える人だったら、相対音感は基本的にあるはずなので、単なる慣れの問題だったりします。

 

自分が歌ってる音の高さと、音符の音の高さが一致すれば正しいので、それを書けばよい。

なれると、相対音感が育って、メロディがドレミで聞こえる確率がアップします。

いちいち声と参照しなくても、スラスラと書けるようになります。

 

しかし、音の長さとか、休むところ、とかをちゃんと楽譜に書けないとできない。

これを「リズミックノーテーション」と言い、基本的な楽譜の書き方を学べばわかります。

わからない人は勉強しましょう!

 

 ↑これは、その辺の事情を扱った良書。決定版的な一冊ですね…

 

(5)私はコードは聞き取りが困難なので、ネットで調べてます。実際に弾き歌いをする。コードとメロディが合ってなかったら、「あれ?なんか違うかも」と気づくものです。

ちなみに、わたしはiPadにPerfect Pianoというアプリを入れていて、それで弾き歌いをやってます。

いい歳したおっさんが「ねえダーリン、ねえダーリン」と歌ってると怖いので、外で作業するときな、周りの目を気にします…

 

(6)メロディとコードを記述したら、楽譜が完成!プリンターで印刷します。

 

 

以上です。

ちなみに、いわゆる本物のピアノは全然使いません。楽譜も使いません。

頼りになるのは、耳と自分の声だけです。

ミュージシャンとは、そうあるべきかな、と勝手に思ってます。

道具はiPhoneとiPadを使うので、家にいる必要もありません。

電車やバスに乗ってる暇な時間にやってます。

1曲の採譜に、2-3日かけてます。

 

磨くべき能力は

「アプリの使い方」「リズミックノーテーション」「歌唱力」「相対音感」ですね。

 

ここまでが曲を覚えるフェーズ。

 

なんとなく、クラシックピアノやってるのに、歌わせると音痴だなあ、とか、演奏させてもノリがイマイチだなあ、という人がいるものですが、そういう人は、上にあげたような能力が鍛えられていないためだと思います。

 

耳コピピアニスト特有の難しさ

で、いよいよ次に、実際にピアノの前で

「ピアノを練習するフェーズ」に入ることになるのですが、

 

具体的には、メロディとコードを記載しただけの、IWriteMusicで作った楽譜を使って、それを適当にアレンジしてピアノを弾くことになります。

 

これが、なかなかノウハウがいるところです。

音楽理論とか、アレンジテクニックが必要なのです。

クラシックピアノでは、あまり求められない能力ではないでしょうか。

 

難しさその1

相対音感保持者の場合、頭の中のメロディはその調のドレミファソラシドで鳴っている。

西野カナの「Darling」の歌いだし歌詞で言うと「ねえダーリン、ねえダーリン」のところを例にとると

キーがFで

ファーソファラー、ドーレーラー、と弾くべきですが、

頭の中では

ドーレドミー、ソーラーレー、のような音が鳴っている。

 

だから、実際弾く音を、瞬間移調して弾いているのですね!

「そんなこと出来るのか!」と思うかもしれませんが、

相対音感の耳コピピアニストはみんなやってるんじゃないかなあ。

 

もっと言うと、可能なら楽譜はなるべく見ないで弾いた方がいいですね。

楽譜に書いてある音と、頭の中のドレミが一致しないと、なんか混乱するからです。

 

こんな感じなので、耳コピピアニストは

クラシックみたいに楽譜を弾くのが苦手な人が多いと思います。

 

難しさその2

 

クラシックだと、右手パートはこう、左手パートはこう、と「ちゃんとした楽譜」があるものです。

しかし、耳コピピアニストには、そんなまともな楽譜は存在しません。

 

コードネームや曲のリズムパターンなどから、こうやって弾こう、と独自のアレンジを繰り出していかないといかんのです。

 

ここが難しく、かつ独創性を求められる楽しめるところでもあるので、

その辺の話を今後のブログ記事にしようと思っています。

 

ということでいかがでしょうか。

 

 次回の更新は2月2日(土)になります。

スポンサードリンク