ピアノが好きすぎるブログ

毎週土曜日に更新しています。

来週から「リス活」をしよう。

こんにちは。

今週からヒマなので、来し方行く末を思う日々を送っていました。

そういう人も多いのかな?

 

Pococha 人来ない問題のとりあえずの結論

  pocochaで耳コピーの配信を、1日1時間くらいやっていました。

隣ではWFHのタイ嫁が大きい声で会社の人と電話で話しています。

そんな最悪環境の中、

タブレットのピアノアプリの鍵盤をポチポチ押しながら、

「涼宮ハルヒの憂鬱」というアニメの

「God knows...」「恋のミクル伝説」という曲に取り組みました。

耳コピーやり方に興味がある人は、先週の記事を読んでくださいね。

Audacityの使い方などが書いてあります。

 

耳コピーはたしかにすごい効果です。

レパートリーは増えるし、

音感も開発されている感があり、

それはやってよかったです。


このブログでよく書いてますけど、結局のところ、

耳がよくないと音楽って出来ないんですよね

楽譜を見て弾いてると、指が回るようになるので、上達した気分にはなれますけど

それだけだと、特にジャズなどでは限界がすぐに来ると思います。実際に、自分が出している音がド、なのかミ、なのか分からないピアノ弾きは世の中にたくさんいます。

音楽は音からダイレクトに学んで、自分がわかる音を増やしていく方がいいです。やがては音感がもっと育ったら、アニソンを卒業して、もっと難しい曲の耳コピにステップアップ!という感じですね)

 

で? pococha の視聴者の方は?

 

原則、来ませんね…泣

 

BOX目当ての人がたまに来るのですが、

そろそろこのアプリにも見切りをつける頃合いかな?と思っています。

 

実は、私は他にも、

将棋を指すときに、Mirrativというアプリで対局実況をしています。

そちらにはたまに人が来て、わいわいやっています。

私は将棋ガチ勢ではないのですが、、、

一応は有段者です。

初めたての素人さんからすると、それなりに参考になるプレーをしているはずです。

あまり将棋を知らない人が見てもわかりやすいように、

局面のポイントや読み筋をなるべく話しながら指していますし…将棋を指すエンジョイ勢には刺さる配信だいう自負があります。

 

Mirrativはゲーム特化型の配信アプリだから人が来るのでしょうね。

そもそも将棋が好きな人以外は、私の配信に来ないのですよ。

「友タイ」(友だち対局)を申し込まれたりして、ユーザー間の交流も活発ですし、熱量が違います。

 

それで(pococha との比較において)

思ったのですね…。

Mirrativは

そのゲームが好きな人が一定数いて、ちゃんと人が来る仕組みなのですね。

 

将棋は、ちょっとニッチだと思われたなら

定番な人気スマホゲーム「原神」どうでしょう?

私もプレーしていますが、グラフィックきれいですし、攻略するのに他のプレーヤーを参考にしたいはずです。

Mirattivで原神やれば、原神を見たい人がかってに集まってくると思われます。つまり、あなたが原神というコンテンツに「後乗り」しているのですよ。

 

これをもっと普遍化して言うならば、

「視聴者が見たい既成コンテンツにのる。」

という感じですね。

このように情報発信しないことには、

誰にもみてもらえないのかも、と思われます。

 

わたしがPocochaで過疎っている原因は、

1.おっさんなので配信者としての魅力がない

2.耳コピーというコンテンツに魅力がない

 

が原因と思われるので、

もし配信をするなら、

1、プラットフォーム変える

(リスナーやライバーの年齢層が高い、とか声だけや顔出し必須ではないメディア)

2.コンテンツを変える

(占い、雑談、とかがよいでしょうか?)

 

しないと無理だわー、

と結論づけました。

 

とりあえずは、今週は配信サムネを

f:id:pianosukisugiru:20210913143820j:image

として、

ジブリという定番コンテンツに後のりする

作戦で行きます。

 

ふわっちとBIGOLIVEでリス活を始めます

最近、思うようになったのですが、

まずは各アプリでどんな配信が行われているか、

よく知るべきですね。

アプリごとにカラーもあるし、アイテムの投げ方、コメントの仕方、なども最低限は知らなければいけません。

 

「リスナー活動」いわゆる「リス活」ですね。

年齢層が高いとされている「ふわっち」

外国人が多いとされている「BIGOLIVE」

この二つのアプリを、予備のスマホに入れて、

アカウントを作りました。

 

来週から、「ふわっち」と「BIGOLIVE」でリス活をします。ビゴの方は、UIがわかりにくい、ふわっちは配信者が怖い、みたいな印象があり、ややひるむのですが…。

 

リス活しての感想は、記事がピアノからどんどん関係がなくなるのも省みずに、こちらでジャンジャン記事化しますので、お楽しみに。

 

最後までお読みいただきまして、ありがとうございます。

次回の更新は9月18日(土)になります。

 

 

スポンサードリンク