ピアノが好きすぎるブログ

毎週土曜日に更新しています。

「タタタタ読み」「なんでもコード付け」に物申す

こんにちは。

今週は、リスナーが来ないにもかかわらず、毎日のように(1時間弱ですが)

Pocochaでピアノの練習をしていました。

やはり、WFHのタイ嫁さんが休んでいる隙に

実際の楽器で練習するほうが気分がいいですね。

先週のブログで書いた「ふわっち」のリス活は、ちょっとしかできませんでした。

ふわっちにはタグ機能があるので、

#占いとか、#ピアノみたいな、

好きなテーマを持った配信をみたいものですが、、、

今のところうまく探せていません。

 

モグリでおススメに上がった配信を見ていると、

アイテム投げを煽っていたり、

なかなか治安が悪い印象の枠が多くて、、、( ´∀` )

 

新人さんのタブは、リスナー数1とか、そんなのばかり。

怖くて見に行けない。

誰も客がいない謎の個人経営の店に入ると、

店主にギロッとにらまれて、

行動をつぶさに観察されているような、

そういう恐怖があるのです。

わたしのPocochaもそんな感じなんでしょうね(溜息)

 

ふわっちもイバラの道かもしれません。

まあ、リス活を今週はもっとやりたいものです。

 

リズムの取り方について

ちょっと、練習していて思ったことがあるので、書いておきます。

f:id:pianosukisugiru:20210918163400p:plain

こんな曲があったとします。

ピアノの世界には、俗に「タタタタ読み」と言われる

8分音符 「タ」

4部音符 「タタ」

付点四分音符「タタタ」

2分音符  「タタタタ」

 

と読むとリズムが間違えずに弾けますよ、という教え方があります。

 

でもね、これはやらないほうがいいと個人的に思うんですね。

 

上の楽譜だったら、

4分音符を「ドン、ドン、ドン、ドン」と、私は左足で4つ打ちリズムをとります。

もちろん、ドラマーのように床をドンドンとキックする必要はないです。

足は軽くリズミカルに1小節に4回「動いて」いればOK。

そして、左手はほとんど八分音符なので、

左手  lタンタンタンタンタンタンタンタンl(8分音符)

足など lドン  ドン  ドン  ドン  l(4分音符)

がキチッとアタマが揃うように弾くと、リズムが安定しますね。

 

つまり、頭の中には「1,2,3,4」というカウントが流れています。

足でとっている4分音符のリズムが

一定の間隔で打たれた不動の杭のように刻まれていて、

その上をいろんな長さの音符たちが跳ね回っている。

 

そんなイメージですね。

 

音符の長さの読み方については、先ほどの「タタタタ読み」に変えて、

4分音符(orもっと長い音) ターン 4分休符 ウーン

8分音符 タン  8部休符 ウン

16部音符 タ  16分休符 ウ

 

みたいに歌います。

「もっていこう カントリーロード このみち ずっとゆけ」のところは

「タンタンタンタタン タンタンターン タタタンターン タンタンターン タンタン」

 

なんかリズムが悪い人は、

リズムをちゃんと「1,2,3,4」ととることと、

その上でフレーズを歌うことができれば、

大きく改善するのでは?と考えています。

 

実際には、右手、左手、足(1,2,3,4)の3つのリズムが

同一のタイムラインを流れるので、難しいと思いますが、

そこは練習しかないよね、と心得ています。

 

細かい分数コードはポリフォニックに考える

f:id:pianosukisugiru:20210918171119p:plain

このような1小節に4つもコードネームをつけることを

「なんでもコード付け」と呼んでいます。

楽譜を書くためにしょうがないのですが、、、

この細分化したコードを見て何をしろと?

 

私だったら、こういうのを弾くときには、

右手と左手に2つメロディがある、

すなわち、「メロディライン」と「ベースライン’」がある

JSバッハ先生のような「ポリフォニー曲」であると意識します。

 

階名読みで、右手のメロディラインが

「ファファファファソミレドlレレミレーレlミミミミレレレレlドドドドドドドー」

左手はコードのことは忘れて、オモテ拍に鳴っている音のラインだけを歌います。

「ラシドミlファソラファlミラシbシblファファドラl

 

すると__

「なんでもコード付け」の細かい分数コードに

ベースラインがピタリ一致していることがわかります。

このベースラインだけちゃんと弾けば、

アレンジした人が意図したような、

それっぽいサウンドに聞こえると思います。

 

ベースラインを把握して、さらに余力があれば、

右手の重音や、左手のウラ拍の音もちゃんと弾きます。

そこに行く前に根気が尽きることが多いですが(笑)

 

以上、練習した中での気づきを2つ、書いてみました。

 

今週もジブリをいろいろ弾こうと思いますけど、、、

ゆっくりした曲より、リズムがある軽快な曲の方が弾いてて楽しいですね。

 

曲を早く仕上げるには、

私の知らないテクニックやショートカットの類がたくさんあるのでしょう。

 

というわけで、今回はピアノっぽい記事になりました。

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

 

次回の更新は9月25日(土)になります。

 

スポンサードリンク