ピアノが好きすぎるブログ

毎週土曜日に更新しています。

「教えてあげる系動画」の方向性について。

こんにちは。

11月も半ばを過ぎて、いよいよ今年も残り少なくなってきましたね。

いかがお過ごしでしょうか?

 

わたしはタイ嫁に

 

「ちょっとYOUTUBEの動画を撮るから、

10分だけ静かにしてくれないかな?

 

などと言って、

 

例外的に静かな時間に、サッと一発撮りで

「教えてあげる系」の動画を撮影することにしました。

 

さらにタイ嫁は

「来週から、週に3日出社することになった」

などと言い出すではないですか!

これで、教えてみた系の動画の更新頻度を上げる目途がつきました。

 

人が動画を見る理由って「人間っぽさ」を見たいからなんだよ

たぶん、なんですけど、

ピアノのチャンネルであるにせよ、

 

「演奏だけっていうのは

YouTubeというプラットフォームには向いていない」

 

と思うのですね。

(演奏しかしない動画投稿者さんを批判しているのではないですよ、念のため)

 

わたしは、人が動画を見る理由って、

 

演者が何か話したり、何かをしたり、、、

その時に見せる、

話し方、雰囲気、キャラクター。

そういう人間っぽい部分。

 

そういう人間っぽさを見たいってのも大きいと思うのですね。(少なくとも自分はそうです)

 

だから__

 

私のピアノチャンネルは、

「弾いてみた」だけにはしたくないってのが

根本にあります。

 

「教えてあげる系」の動画はその点、

 

内容的に役に立つ人には役に立つと思うし、

演者としてのキャラクターもお見せできるので、

 

「わたしがやるにふさわしいコンテンツ」

なんですね。

f:id:pianosukisugiru:20211119142138j:image

↑ちがうって(⌒-⌒; )

 

チャンネル内に

「ゆるいピアノ教室」というカテゴリーを作りました。(チャンネル名も同じにしてます)

youtube.com

 

そのコンセプトをちょっと説明すると、

 

ティピカルなピアノの先生って

厳しいというイメージが先行しているので、

「先生でもない、ふつうのおっさんが、

ゆるくピアノの動画をあげている」

動画にしたいということです。

 

そもそも、

私って、ゆるい人間なんですね。

「自分に甘い」とも言える。

 

「ミスあるけど、こんなもんでいいんじゃね?」

「あまりうまく弾けなかったけど、まあいっか」

 

ピアノも、そんな感じでやってます。

 

ちょっと詳しく、わたしの思う

「ゆるい」の定義って、こんな感じ。

 

①私から怒られたりした人間は、ほとんどいない。

 

嫌な人や悪人がいたら、

(あー、自分は絶対にこの人みたいにならないように気をつけよう)

ただそう思って、

二度と口きかないとか、スーッと離れていくとか、

そんな人間なのですね。

 

嫌な人や悪人を批判したり、やっつけるっていうのはね…

 

宗教的に言うと「カルマの法則」(悪いことをすると、悪い報いがあるという教え)のお仕事。

社会的に言うと「警察」などのお仕事。

 

そういう存在にまかせておこう。。。

というスタンスですね。

 

自分は、嫌なやつとは、

なるべくかかわりにならないで、

楽しく生きていたいよね。

 

「とりあえず主義」

 

まだ下手だけど「とりあえず」弾いてみよう。

 

という考え方が好きです。

 

完璧主義の反対です。

完璧主義だと、全てがバッチリ出来てからじゃないと動画撮れない笑。つまり、一歩も先に進めないってことになってしまいます。

 

完璧主義でやったら、絶対にこの歳になるまでピアノ弾いてないから(笑)

演奏なんか、急に上手くなるわけじゃないから、とっくに嫌になってますよ。

「とりあえず主義」だと、ハードルが低いから続けられるんです。

 

以上がゆるいっていうことの私の定義。

 

わたしのユーチューブは、

「ゆるい」んだけど、

「この動画、役に立つんだよね」

「拓也さんって人、なんか楽しそうに生きてるよね」

(一人称にも拓也さんって敬称をつけるの変かな?)

 

というチャンネルにしたいんです。

 

この動画の方向性でやってみる

水曜日の夜に撮影して、

木曜日の朝に編集してアップロードした動画です。

(ほんとに「とりあえず主義」だよね)

 

ぜひ見てくださいね↓↓

 

 

OBS Studioを使った撮影。

DaVinci Resolveを使った編集。

なんとなく、かってに、慣れてきました。

 

やはりね、

「自分が好きで楽しいこと」っていいな、

と思ったよね。

 

「楽しく続けることができる」し、

「学ばなくても自然に覚える」んだよね。

 

こんなダサい動画、出来たうちに入らないよ、っていう人もいるかもしれないけど、

「とりあえず主義」なので、自分ではこれでいいのです。

 

これからも、

動画作りを工夫しながら続けていくと、

演奏、トーク、編集などが、少しずつ改善してゆくと思うんだよね。

 

最近、動画を作っていて思うことだけど、

シンプルに、

 

自分が楽しいことをすればいいんじゃないだろうか?

自分ができる範囲のことをすればいいんじゃない?

 

それには、完璧主義はやめて「とりあえず主義」でいこう。

そういう境地に達した感じです。

 

究極には、自分の人生をコンテンツ化したいの

ピアノっていう、

「わたしの趣味のコンテンツ化」が、

「ピアノが好きすぎるブログ」だったり、

ユーチューブの「ゆるいピアノ教室」だったりするんですが、、、

 

究極的には、

「自分の生きざま」そのものを生のまま、

さらしまくって、生ききって、死んでやろう。

 

そんなことを最近はよく考えます。

 

その生きざまって、特にカッコいい必要とかはない。

むしろカッコ悪い方がいいかも、とさえ思っています。

 

つまりね、人生って映画みたいなものだから、

不幸や失敗、そんなムチャクチャな展開だとワクワクしちゃうって心境ですね。

おー、そう来たかっ!ってやつですね。

不幸とか失敗があっても、コンテンツとして美味しいわ!

みたいな図太い神経。

 

もう、私の人生は折り返しを過ぎてます。

あとは、神さまに召されるまで

「自分の人生のコンテンツ化」に取り組みたいな、と(個人情報の取り扱いには注意しつつ、ですが)企んでいます。

 

タイに住んでいるから、

VLOGやってみよう、とか。

街角配信やってみよう、とか。

 

もし日本に帰って非正規底辺マンになったら、

給料明細公開、とか、

貧乏生活のドキュメンタリーとか、

やりたいですね。

 

無邪気かつちょっと露悪的な方向性ですね。

そういう感性がロックな感じで、好きなんだよね。

 

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

次回の更新は11月27日(土)になります。

 

 

 

 

スポンサードリンク